ブラックサンタ

クリスマスまであと一週間となりました。

我が家もクリスマスツリーを出し、子供たちは靴下に欲しいプレゼントを書いたサンタへの手紙を入れて心待ちにしています。

そんな我が家の、ここ1ヶ月のホットワードは「ブラックサンタ」です。

この「ブラックサンタ」はドイツを中心に広まる伝承で、黒い服を着て、袋には灰を入れ、悪い子には石炭やジャガイモをプレゼントし、さらに悪い子には寝ているベッドに豚の臓物をばら撒き、もっと悪い子はサンタの袋に詰め込まれて連れ去られてしまうというものです。いわゆる「なまはげ」のような存在です。

最近、4歳の息子がいろんな言葉を覚え、小2の娘と毎日喧嘩をしているので、そんなときには、ブラックサンタを持ち出して喧嘩をやめさせています。

そんなブラックサンタが通用するのもあと一週間。

次の作戦を考えなければ。

TK


[PR]

# by niwa_biz | 2018-12-17 09:23 | Comments(0)

小学校にて


先週末に小学校の学芸会を見てきました。
その中でも6年生の発表はとても印象的でした。

さすが最上級生!
というのもありますが、その表現力の高さは劇団のよう。
表現することに物怖じしない子供たちに負けてられないなと思ってしまいました。

そんな子供が通う小学校は外国の方の受け入れが多く20%超える在籍があるそうです。
校内にある読書コーナーに目を向けるとそこには4か国後でそろえられた絵本が。。。
なんだか不思議な感じでした。

ぐりとぐらは、
中国語だと”古利和古拉” … わかるようなわからないような(汗
英語だと”Guri and Gura”… そのままなのでよくわかりますね(笑)
と書かれてました。

その後はPTAの集まりがあったのですが、
そこではある俳優さんの講演に出られたお母さんの感想がとても印象に残りました。

「こどもに夢を語らせるのではなく、親が夢を語り見せていくんだ」

お母さんが感情をこめて聞かせてくれたこの一言。
響きました。

もうすぐ11月も終わり師走の季節になりました。
今年を振り返りつつ、来年を考える時期ですね。

冷え込みも厳しくなり体調を崩しやすい季節、
十分気をつけて頑張っていきたいと思います。



[PR]

# by niwa_biz | 2018-11-26 12:00

旅先で感じたこと。。。

こんにちは。

最近、旅行が続いていて感じたことなのですが・・・。

昔から声をかけらやすい方だとは思うのですが、一緒にいる友人によって随分違うなと思いました。

最近、3回程旅行に出かけたのですが・・・。

1.まず初めは、飲食店やホテルでは親切にされますが。。。

2.その次は、お土産やさんや旅館、観光案内所などでは親切にされますが。。。

3.先日、どこへ行っても声をかけられとても親切にされました。

こんなにも、一緒にいる友人によって変わるのかなと思うくらいでした・・・。

3の友達は、古くからの友人で、とても親しみやすい雰囲気を持っています。
自分の意見は持っていますが、人に気を使える優しい人です。

初対面で人に安心して心を開いてもらえるって、素敵ですよね。



先日、職場の男性とマラソン大会に出てきました。

その時も、その男性は誰よりも多く声援をかけられていました。

職場でも、人に気を使える優しい人なので、そういう雰囲気が伝わるんですかね・・・。


初対面や旅先で新設にされる人は、親切にしたくなる魅力がある人だからなのかもしれませんね。

仕事もそうですが、初対面で相手にどう思われるかとても大切だと思います。

人に好かれる魅力をもった人になりたいですね。


by 姉










[PR]

# by niwa_biz | 2018-11-20 11:05 | Comments(0)

補強ポイント

今日は、私の祖母の90歳の誕生日です。90歳は「卒寿」というそうで、平均寿命の伸びた日本では、卒寿からこそが長寿といえるのかもしれません。

さて、長寿といえば野球のベテランです。そうです、戦力外通告です。毎年この時期、ドラフトで新しい選手が入ってくる一方で、必ず戦力外通告される選手もいます。球団は、来期にそして将来勝てるように、選手を整えます。

現在、その選手の取り方が上手だとされているのが、広島カープです。各ポジションや年齢等、今どこが必要なのか、数年後どこのポジションが手薄になるかの分析がとても上手くいっているように思います。
サッカーのブラジル代表は、基本的に4-4-2のシステムで戦い、例えば左サイドバックが怪我をしたとなれば、データベースを検索すると、左サイドバックの選手が出てくるといいます。

私たち会計事務所も、「いい人がいたら取って、何をやるかはその後考える!」という考え方も良いかとは思いますが、やはり事務所としてどこを補強したいのか、どこに強みを持たせたいのかを考えた上で募集をすると、募集のやり方なども変わると思います。

やはり、自分の事務所の強みと弱みを把握することが、まずは大切になりそうですね。




[PR]

# by niwa_biz | 2018-11-05 08:08 | Comments(0)

職場の同僚って・・・。

私の妻がスマホを見ながら、最近号泣していました。
数日続くので何事かと思っていたのですが、話かけると普通に接してくるので、号泣していることには触れずにそっとしていました。

あるとき、諸々落ち着いたのか、理由を話してくれました。

妻が20年ほど前に、熊本の実家近くで勤めていたアパレルで一緒だった先輩がすい臓がんで亡くなったそうです。
病気になってから、LINEでやりとりをしていたのは聞いていたのですが、がんが重くなり、応対ができなくても、ご本人のスマホからLINEが届き、いよいよの場面、亡くなってお葬式になった場面などなど、代わりの方(今の職場の同僚の方)から伝わってきました。

きっと当時とてもお世話になった先輩だったのでしょう。
先輩を思って涙を流していました。

今、事務所ではいろいろな仲間と仕事をしていますが、自分の仕事をきちんと手伝ってくれて、とても助かっています。
ただ、彼らが亡くなって、妻と同じような涙を流すことはあるのかなぁ、と思ったりします。AIやら何やら、人付き合いが希薄になっている中、そのような仲間を思いやる感情を持ち続けることはとても大事だなと、改めて思いました。

最近何でも「どうして?」「なんで?」と聞くようになった4歳の息子は、なぜか号泣している妻について「どうして泣いてるの?」と聞きませんでした。これも妻に対する思いやりなのかもしれません・・・(笑)?


[PR]

# by niwa_biz | 2018-10-29 14:10 | Comments(0)