<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

卒園式

3連休の初日の土曜日に上の娘の保育園の卒園式がありました。
入園時にはミルクを飲むだけの子供が、はかま姿で歌を歌ったり、みんなで保育園の思い出の呼びかけをやったり、きちんとお辞儀をして卒園証書を受け取る姿を見て、本当に大きく成長したな、と感激しました。0歳から6年間、保育園には本当にお世話になり、ここまでいろいろ出来るように育ててもらえたことを本当に感謝しています。
思い起こせば、この6年間は親としても、家事に育児に仕事に、夫婦役割分担をしながら必死に駆け抜けてきました。時には、仕事中に保育園から「熱が出たのでお迎えを」との連絡に、不満をもらしつつ、お迎えに行ったこともありました。今思えば、熱が出てつらい思いをしている子供にかわいそうだったなと思います。また、うちの子が通う保育園は1クラス6人しかいないため、子供だけでなく、父母とも先生とも濃密な時間を過ごすことができました。そんな思い出が頭を駆け巡ったためか、父母のみならず、先生たちまでも、みんなが涙を流すとてもよい卒園式でした。(子供たちはそんな大人たちを冷静に観察していましたが。。。)

そんな長女も4月から小学生です。徐々に心の準備も整い、今では学校に行くのが楽しみのようで、休日には家の中でランドセルを背負い、校帽をかぶって登校ごっこをしたり、上履きを履いて机でお勉強をしたりして、学校ごっこをしています。

親の自分たちの方が少し寂しく、今のまま時間が止まって欲しいと思ってしまっているような気がします。子供は親から少しずつ巣立っていこうとしているので、早く自分たちも子離れをできるようにしないといけないのかもしれません。

TK
[PR]

by niwa_biz | 2017-03-23 09:27 | Comments(0)

体調管理

先週、身内が白内障の手術を受けました。


術後については無事成功とはなりましたが、
手術後の何週間は目を守る為にゴーグルをしなければ
ならない為、術後についてもに気をつけていかなければ
ならない病気の為、

事前に予防できる病気などについては、
自己管理を徹底しようと感じました。

若い年齢であっても大きな病気をすることがあります。
私も今までどこか人ごとのように感じていましたが、
このことがあってから若くても大丈夫とは言えないとわかりました。
何かあったら早めに病院受診をお勧めします。

YA
[PR]

by niwa_biz | 2017-03-18 17:08 | Comments(0)

東日本大震災から6年

去る311日、東日本大震災から6年がたちました。丹羽会計においては、確定申告時期ということもあり、当日の土曜日も出勤で仕事に追われていました。

私は、宮城県気仙沼市出身ということもあり、当時はなかなか大変な状況でした。家族は大丈夫なのか、親族は大丈夫なの、友人は大丈夫なのか。幸いにも、私自身の近い人たちは大きな被害もなく無事でした。もちろん、家族の友人や知人、友人の友人、そんなに親しいわけではなかった同級生など、被害に遭った人のことも聞きました。私自身も、当時は東京にいて、震災後、320日前後にどうにか実家に帰り、当時の状況を目の当たりにしました。自分の知っている故郷とは景色が一変しており、衝撃的でした。

あの当時、「もしもの対策・準備はきちんとしなくては」と、強く考えたことを覚えています。

それから6年がたち、自分はきちんと備えができているのか。当時とは環境の変化があり、妻ができ、子供がいます。守るものができ、より震災への備えが必要になっています。しかしながら、いざ、もしそういうことが起こった時に、どこに集合するのか、どうやって連絡を取り合うか、食料の備えは、子供が保育園にいたらどうするか、など決めなくては・やらなくてはいけないことを全然やっていません。

311日というのはテレビやネットなどで震災特集・特番など多くやっています。基本的には見るのはつらいのであまり見たくないのですが、ただ、日々の生活の中でいつの間にか忘れていたり、軽く考えてしまっている震災への備えということを思い出させてくれる機会になっています。

週末、改めて妻と話し合っていこうと思います。皆様も、震災については色々な思いが有られると思いますが、もしもの時の準備、再度考えてみてはいかがでしょうか。

平男

[PR]

by niwa_biz | 2017-03-17 17:54 | Comments(0)

地域活動

私事ではありますが、4月から地域の消防団に加入することになりました。
消防団に加入することになって改めて思ったのが自分も地域の活動に参加する年齢になったのだなということでした。
誰かが
これからは、親や祖父母が参加していた地域の集まりであったり活動を引き継ぐ年齢になってきたことに対して地域の一員として、責任と自覚をもってこれからの地域行事に勤めていきたいとおもいます。


[PR]

by niwa_biz | 2017-03-10 14:23 | Comments(0)