<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

江戸しぐさ

「うかつあやまり」と言う言葉はご存知でしょうか?

電車に乗るとよくあるかもしれないですが、人込みの中で足を踏まれるとします。この時どんな対応をとりますか?
「足を踏んだ人が失礼する、謝る」のが当然だとは思いますが、

ここで「踏まれた側が謝る」のがうかつあやまりです。

なぜ謝るのか?それは、人込みの中で足を出していれば、踏まれるのは当然。なのに足を出していた自分が悪いのです。


これは粋ですね。踏まれてそこで腹を立ててしまうのは、言わずとしれた野暮です。

これから考えるのは、粋とは「一歩引いて、自分に非をもつ」でもあること。

年末年始で忙しいとは思いますが、是非「うかつあやまり」を参考にしてはどうでしょうか。

YA


[PR]

by niwa_biz | 2016-12-26 09:31 | Comments(0)

未知との遭遇

ここ数年、ずっと税金やビジネスに関する雑誌や書籍ばかり読んでいたため、少々疲れてきました。そこで全く関係の無い本を読もうと思っていたところ、本屋の在庫処分コーナーや、近所のスーパーの雑誌コーナーに「世界の陰謀論」「UFO」「未確認生物(UMA)」というようなオカルト本を見かけたので、4~5冊ついつい大人買いしてしまいました。

 私が小学生の頃、「宇宙人解剖ビデオ」が放送されたり、「ネッシー」「ビックフット」「イエティ」を探しに行くようなテレビをよく見ていた記憶があります。未知なる物との遭遇にわくわくしてみていましたし、大人もある程度は盛り上がっていたのではないでしょうか。
情報があふれているためか、最近この手の番組はめっきり少なくなったように思います。

 かつては、地元でもネス湖のネッシーにあやかり、河口湖に「カッシー」が、本栖湖に「モッシー」がいるなどと話題になっていました。今冷静に考えれば、「ネッシー」「カッシー」「モッシー」、ついでに猪苗代湖の「イッシー」も含め、これらの湖出没首長竜系UMAについては、現代まで生き残るために過去にある程度の数の個体数が同時に存在したはずであり、その割には目撃例が少ないことを考えれば、ほぼ誤認であると思われます。

 ただ個人的には、これらの「陰謀論」「UFO」「UMA」については、絶対存在するとも絶対無いとも考えておらず、あるかもしれないし、ないかもしれないというニュートラルなスタンスを持っています。事実、実際あった笑える話として、江戸時代に名古屋で現れた妖怪が捕らえられ、身長・体重を測られた上、スケッチが残っていますが、いまはどうみてもアザラシです。世界はかなり複雑で、地球はまだまだ未踏の地があり、宇宙はあまりに広く、わからないことがたくさんあります。

 税務も一つの視点では間違えてしまうこともあるため、角度を変えて違う視点で物事をとらえるということも大事です。絶対にこうだ!と決めつけず、いろんな視点でものごとを見ていきたいと思います。

TK
[PR]

by niwa_biz | 2016-12-21 09:19 | Comments(0)

ミスとその対応

住宅を購入しました。
住宅購入の場合、引き渡しの2週間ほど前に内覧をして、その際に傷や不具合を指摘して、引き渡しまでに直してもらうことになります。
私もいくつか指摘させていただき、また、追加のパネル工事もお願いしました。
いよいよ楽しみにしていた引き渡し日…

直ってないじゃん…
追加工事もされてないじゃん…

少しイラっとはしましたが、まぁ、連絡して直してもらえばいいや、と思い気持ちを落ち着かせました。
そして、少し落ち着いてから、営業担当に連絡。

すると…
「他の現場で忙しいから直すのは待ってもらう。」
「電動シャッターが動かないのは、お客様が何か挟んでしまったんじゃないか?」
「追加工事は契約書がまだできていない」



結果的に、引き渡しから1ヶ月がたっても、まだ満足いく直しをしてもらえておりません。
もちろん、いよいよ堪忍袋の緒が切れまして、営業担当の上席に連絡をし、謝罪をさせ、追加工事を値引きさせました。営業担当はきっとこっぴどく怒られたでしょう。そして、この住宅メーカーのことは絶対に他人に薦めないことを心に決めました。


今回の事で学んだのは、やはり、ミスがあってもその対応をどうするかによって大きく印象が変わるということです。クレームに適切な対応をすれば、常連客になってくれるとはよく聞く話です。
今後の仕事においても意識していきたいと強く思いました。

ただ、もちろん、ミスがないのが一番です!

平男


[PR]

by niwa_biz | 2016-12-12 16:48 | Comments(0)

早期発見と予防

先日、ガムを食べていたら奥歯に詰めていた歯の詰め物が取れてしまいました。
すぐに詰めなおしてもらおうと歯医者にいったところ知らない間に親知らずが3本も生えておりそのうち2本が虫歯になっているという診断を受けました。
近々その親知らずについては抜く予定です。007.gif

その他にも詰め物の下が虫歯だったりと自分では気づかないうちに口の中はひどいことになっていたようです。
今回は、たまたま詰め物がとれたから行ったのですがそうでなければもっと酷くなるまで放置していたのだろうなと考えるとよくぞ取れてくれたという気持ちにもなりました。

診断を受けて改めて思ったことは、私自身の歯に対する手入れの仕方の甘さと定期的に診断を受けておいた方がよかったという後悔の気持ちでした。
幸いこれから気をつけていけばまだ大丈夫な段階でしたので、これからは日常の歯磨きなどの手入れと定期的な診断により歯を大切にしていこうと思っています。


[PR]

by niwa_biz | 2016-12-09 12:36 | Comments(0)