<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マタニティハイ

みなさんはマタニティハイという言葉をご存知ですか。

妊娠・出産は、とてもおめでたいことで
たくさんの人から祝福される出来事です。
でも、妊婦さんがその幸せや喜びを周りが目に入らないくらい表現してしまうと
迷惑をかけたり、不愉快な気持ちにさせてしまうことがあります。
そのような状況をマタニティハイというのだそうです。

人の幸せを素直に祝い、助け合える人でありたいなと思う一方、
視野を広くすることが大事だと感じます。
いろいろな人と接したり、経験を増やたりしながら
自分以外の人の人生観や時間の使い方を尊重しあえるといいなと思います。



[PR]

by niwa_biz | 2016-08-29 12:11 | Comments(0)

自由研究

台風直撃の月曜日です。
いつもの時間の電車に乗ったのですが空いてました。
きっと、皆様早めの出勤を心掛けていらっしゃるんでしょうね。
見習いたいと思います^^;


先週のことですが子供の自由研究の手伝いをしていました。
水力船
ネット上の画像を使わせて頂きましたm(__)m

b0132620_9382347.jpg

こんな感じの簡単に作れる船なのですが、結構いい勢いで進みます。

今回の研究は船体の素材やカップの大きさ、
ストローの種類など色々変えて速さや航続距離の実験をしました。

さてさて、実際に作業をはじめてみますと、
船を作るときや実験は楽しそうでどんどん手が動くのですが
いざ紙にまとめる段になると…すべてがフリーズ状態(笑)

レポートなどを書くときは出来上がりをイメージして結果をまとめていくという作業が
とても大切なことだと思います。
これは年齢と経験を積み重ねていけば身につくものだと自身の経験則でわかっているのですが
小学校低学年がはたしてどこまで理解できるのか、どこまで手伝うか、とても判断に迷いました。

大人が見てよく出来ているということより、
自分で手を動かして作ってみることに意義があると思った今回。

なるべく手は出さないようにしながら、子供と二人、悶々としながら2日がかかりで仕上がりました。


今は結果よりプロセスを大事にしたいなと思いますが、
いつまでもそういうわけにも行かないのでしょう。

教えること、理解してもらうこと、身につけてもらうこと、
いずれのことも双方の意識が合わないと物事が進んでいなかいなと痛感しました。

来年はどうなることやらと思いますが、
子どもと私の1年後の成長に期待したいと思います(笑)

さく
[PR]

by niwa_biz | 2016-08-22 12:00 | Comments(0)

きく

こんにちは016.gif

リオオリンピックの中、SMAP解散のニュースが世間を衝撃に包みました。

国民的グループが25年も、第一線で活躍していてこの展開は衝撃でした。

もっと上手くできなかったのだろうかとか世間ではいろいろ言われていますが・・・。

実際のところ、本人たちにしかわからないことですよね・・。

メンバー同士の不仲、事務所の問題いろいろ憶測されていますが・・・。

現実に、今働いている私達も他人事ではないと思います。
一緒に働いている仲間とのコミュニケーションがきちんととれているか、上司はしっかりと部下を理解できているか。
自己中心的になっていないかなど気をつけなくてはいけないと思いました。

トップが解散はないと言ったばかりなのに、この展開です。
明日は我が身かもしれません。
トップにどれだけ頼りがいがあり信頼していても、他の上層部によって混乱するなんて、規模は違えど、どこの職場にもあることですよね。。。

人とコミュニケーションをとる方法として、きくということがとても大事になってきます。
発信よりもきくという行為が大切になるそうです。

きくという言葉は3種類 聴く 聞く 効くがあります。

中でも一番大切なのは「聴く」という漢字を使う「きく」。


「聴く」という漢字を、よーく眺めてみてください。

「心」という文字が入っていることにお気づきになると思います。


相手の話をきく時に、とくに大切になるのが、この「聴く」なのです。

当たり前ですが、改めて、人の話をきちんと聴けるようにならなくてはいけないと思いました。

by 姫
[PR]

by niwa_biz | 2016-08-15 09:47 | Comments(0)

オリンピック

こんにちは。

今年は山の日が創設されましたが山の日はいかがお過ごしでしょうか。
山の日が創設されたおかげでお盆休み長く取れた方も多かったのではないでしょうか。

さて、オリンピック真っ只中・・・・。
TVで印象に残っていることを話したいと思います。

柔道銅メダルを取った選手が
金メダルを取ることが出来なかったことを悔やんでいて、
私達からすると、メダルを取ることだけでも良かったと思うのに、
色が金でなかったということ、常に目標を高く設定していること、見習わなければと
思いました。

一方、競泳や体操団体でメダルを取りましたね。
団体だと、個人ではなく個人では補えない分をチーム全体でカバーしあう、
喜びも倍に・・・・。喜んでいる姿とても印象的でした。

私達丹羽会計も、オリンピックみたいに個人のチカラを磨きつつ、チームワーク、各自補いながらやっていくと
きっと大きなものになるのではないでしょうか。
日々、精進していきたいものです。

毎日暑い日が続きますのでご自愛ください。


                            by ストーン
[PR]

by niwa_biz | 2016-08-12 09:30 | Comments(0)

全国区にしてくれてありがとう

夏の甲子園の出場校も出揃った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近は、過去の甲子園や、イチロー選手のメジャー3,000本安打の話題を多く見かけますね。

過去の甲子園の話題で、必ず出てくる一つは、松井選手でしょう。
5打席連続敬遠ということで、当時も大きく取り扱われていました。
周りの人々は、良くないことだとか、いや仕方ないとか色々あるようですが、松井選手本人の言葉が素晴らしいと思いました。

「僕を全国区にしてくれてありがとう。」

5打席敬遠をしたピッチャーに対して掛けた言葉です。
不満や怒りを一度もあらわすことなく、さらに相手を思いやれる言葉だと思います。

また、イチロー選手は、日本とメジャーでの通算安打が、それまで1位だったピートローズを超えましたが、そのピートローズが記録を認めないとの発言をしました。
その時のイチロー選手は、

「僕を認めてくれているからこそ、そういった発言になると思うので、ちょっとうれしい。」

と言っていました。

二人とも、スーパースターですが、発言に関しても本当に素晴らしいです。
二人のように振舞うのはとても難しいことですが、自分自身が少しでも
物事をポジティブに捉え、さらに前進していくことが重要だと思いました。


[PR]

by niwa_biz | 2016-08-01 09:30 | Comments(0)