<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家族

先日、久しぶりに父と二人で食事に行きました。
短い時間ではありましたが、お互い近況報告などをして楽しい時間でした。
父も会えて喜んでいたと後日母から聞き、
なんだか考えさせられました。

昨年に入籍をしたタイミングもあり、
最近、実家の家族と連絡を取る機会が増えています。
手続きや結婚式に向けた事務的な連絡が多いのですが、
両親からの言葉はいつも見守ってくれているんだなぁと感じるものばかりで
感謝しかありません。

結婚は今まで育ててくれた両親のこと、新しい家族のことを
ゆっくり考えるいい機会になりました。
感謝の気持ちを忘れず、家族との時間を大切に過ごしていきたいと思います。


[PR]

by niwa_biz | 2016-02-29 11:36 | Comments(0)

アインシュタインの手紙


今朝、通勤電車の中で見かけたブログで知りしました。


 「アインシュタインから娘への手紙」

とても感動しました。


特に手紙の最後にある数行のメッセージが心に刺さりました。

月曜の朝、

満員電車の中の小さなスマホの画面の中からもらった大きな勇気です。


気持ちを伝えていくことの大切さを誰もがわかっていながら、

実際にそれを伝えることの難しさは誰にもあるものなのですね。


私的なこともそうですが仕事上のことでも伝えたいけれど言葉に出来ないたくさんの思いがあります。

一つ一つの思いを大切にして、伝えることを行動に移していければと思います。


最後に、

すでにご存知かたも多いのかもしれませんがその手紙をご紹介させていただきます。

****** *********

「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。この宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。
愛は光だ。
それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。
愛は引力だ。
なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。
愛は力だ。
なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。
愛は展開し、開示する。
愛のために私たちは生き、また死ぬ。
愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。
これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。
それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。
「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。
世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。なぜなら愛こそが生命の神髄(クイントエッセンス)だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。
恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ」。

お前の父親
アルベルト・アインシュタイン


****** *********



※多数引用されている記事がありますのでそのまま記載させていただきました※

さくら
[PR]

by niwa_biz | 2016-02-22 12:00

自分の仕事と進め方について

こんにちは。

今まではどんなに忙しい時でも頑張ればなんとかなると思いのりきってきましたが、
体調を壊して初めてもう無理が利かないと思い知らされることとなりました。
帰って周りに迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

仕事は待ってくれませんから、どうやって処理していくか改めて考えてみました、
まず周りを見渡してみると、いろいろなことが見えてきました。

人はいるのに、楽にならないという意見がありました。
職員数も増えそれにともない顧問先も増えて来ますが、圧倒的に残業が増えてしまったと
いう衝撃的なことが起きてきました。

原因として考えられるいくつかのことは。。。

新人に対して見えてきたことは、当たり前が当たり前でないということ。
電話の取次ぎに対しても、お客様に対して所内の人をさん付けで呼ぶ。
注意をすると、所内の人からの電話もさんづけで呼べなくなる。
それに対して注意をすると、自分は統一しただけですという返事が返ってくる・・・・。
カルチャーショックですが、そういうものなんだと考えを改めて一から丁寧に根気よく
指導していくしかないんですね・・・・。

後輩にたいしては、質問しても答えがない、どうしたらいいのかわからないという意見が
ありました。
忙しいと気にかけてあげたり、間違いを指摘し訂正方法を説明するのが面倒でこっそり自分で訂正してしまったりしたくなる気持ちもわかりますが、それでは育たないですよね・・・。

それから、誰にでも経験があると思うのですが、頼みやすい人に仕事を頼んでしまう。
仕事量や職種関係なく頼んでしまったら、それはまわらなくなりますよね・・・。

自分自身に対しては。。。。

友人からこんな意見がありました。
「仕事をサボっているんじゃない!」
自分が後輩に仕事をお願いするよりも自分が残業してやったほうが楽だからとか、嫌われたくないとかそういう気持ちがあるから忙しいを言い訳にしていると言われました。
それは自分の仕事をサボっていることになると・・・・。

ハッとさせられましたが・・・。

しかし・・・・。
後輩に仕事をお願いしたくても、みんな遅くまで残業しているんですよね。。。
比較的早く帰宅できる人は、先輩達なので。。。。。

そこで、勇気を持って上司に上記の話をして見ました。

上司も、ハッとさせられた用でしたが、いろいろと組織を変えていくのには
まだまだ時間がかかりそうです。

この話をみんなの前で話したときに、後輩は私の仕事を早く覚えて手伝えるように頑張りたいと思いますと
言ってくれました。

その言葉を、糧に
私もなんとか頑張って 繁忙期を乗り切りたいと思います。


私もぶれずに、朝早く来て 掃除やコピー用紙の補充など事務作業を頑張ってくれる後輩たちの
為にも感謝の気持ちを忘れずに、少しでも早く出社して 夏は涼しく 冬は暖かく働きやすい環境をせめて
作っていけたらと思います。




by 姫
[PR]

by niwa_biz | 2016-02-19 08:36 | Comments(0)

地震

こんにちは!

インフルエンザが少し遅れて流行とのことで、所内でもインフルエンザで
倒れる職員が出てきました。
来週から確定申告が始まるので所内で体調管理をしっかりして確定申告時期を
のりきりたいと思います。

さて、台湾で地震が発生しましたね。日本でも先週は何回か地震がありました。
地震で思い出すのが、5年前の3月11日です・・・・。

当時所内では、3月11日は確定申告を終えて打ち上げで出かける最中に
地震が起こりました。
いつ何が起きるか分からないという状況で申告を無事に終えたのが今でも
覚えております。
仕事でも何が起きるか分からない(急な仕事がでてくる等)ので、何かあっても
対応できるような状況を作りたいなと改めて思いました。
そのためには、先を見越して仕事・段取りが大事だと思いました。


                   by ストーン
[PR]

by niwa_biz | 2016-02-12 19:54 | Comments(0)

話しが上手な人

グリンキー投手の超大型契約が世の中を騒がせている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、ある時目にした本で、「なぜか人を惹きつける話し方(こんな感じだったと思います・・・。)」というものがありました。
内容としては、話しが上手な人とはについて書かれていて、
1.相手の話を良く聞く
2.話しが簡潔である
3.明確なキーワードがある

この3つを実践している人が、人を惹きつけるようです。

「相手の話を良く聞く」
自分の専門分野だったりすると、相手が話しているのに、途中でさえぎってしまい、「これはこうだ!」ということがあると思います。しかし、相手にとっては、全く的外れで、二度と相談をしてくれなくなるそうです。まずは相手の話をしっかりと聞くことが重要ですね。

「話しが簡潔である」
話しをしていると、「あれも話したい、これも話したい」とどんどん話題を盛り込んでしまうことがあります。しかし、聞いている方からすると、長いしさらには、結局何を言いたかったのかわからなくなるそうです。話をするときは、話し足りないかなくらいがちょうど良いかもしれません。

「明確なキーワードがある」
話しの内容を全て覚えている人はいないと思います。その時に、何かキーワードがあれば、相手の印象に残るそうです。
でも、なかなかキーワードは難しいですよね・・・。

場合によっては、長い時間を掛けてじっくりと話すことが必要なこともあると思いますが、このようなことを頭に置きながら、色々な人とコミュニケーションを取って行きたいと思います。



[PR]

by niwa_biz | 2016-02-01 11:11 | Comments(0)