<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハンセン病施設に思う。

NHKの「探検バクモン」で爆笑問題の2人がハンセン病の施設に向かうロケ番組をやっていました。

ハンセン病とは昔は「らい病」と呼ばれ、らい菌に侵されると体の視覚、聴覚、と言った感覚が奪われていく病気です。ご存知の方もいるかもしれませんが、らい病にかかると大変な差別を受け、身内からも見放され、死後に同じ墓に入ることもできなかったそうです。らい病患者は法律によって隔離され、隔離された施設に入ると死ぬまで出ることは許されなかったそう。

象徴的な言葉が3つありました。

「舌読」・・・人間の感覚が失われ、最後に残される感覚は、舌や唇での感覚だそうです。重度のハンセン病に侵された人は舌を使って血だらけになって本を読むそうです。

「村全部」・・・村の全ての人々からそっぽを向かれることを村八分といいますが、ハンセン病患者にとってはそんな生やさしいものでなく、周りの人ばかりでなく家族からもそっぽを向かれ、一族であることを否定される存在になりさがることになります。

「断種」・・・ハンセン病患者どおしが結婚をしても、病原菌を後世に残すことは許されず、犬猫のように去勢手術を強制的に受けさせられたという事実です。

恐ろしいのは、戦後アメリカに新薬が開発され、ハンセン病が不治の病ではなくなったにもかかわらず、日本国内では隔離を強制する法律がそのまま放置され、1996年までその法律がなくならなかったという事実です。ハンセン病患者は、その病気が治り、病気そのものがなくなっても、そのまま放置され、人生をかけて法律の廃止をめざし戦ったわけです。

行き場をうしなった元患者は、今でもその施設に暮らしています。患者の1人は、「たとえ施設の人が全て亡くなっても、施設の奥にある納骨堂だけは残して欲しい。自分がこの世に生を受けた印となるものがなくなるのはしのびない。」と言っていたのには、心の奥に刺さるものがありました。

「知らない」というのは恐ろしいことです。
私たちがのうのうと豊かな時代を生きている裏で、このような仕打ちを受けていた人がいたことを正しく認識することの大切さを改めて知りました。

いろいろな「情報」を伝えていく仕事をしている中で、身が引き締まる思いです。

野澤
[PR]

by niwa_biz | 2016-01-29 16:24 | Comments(0)

事前の備え

今日は久しぶりに都内で雪が積もりました!
その分通勤は大変でしたが。

さて先日両国国技館の前をジョギングしていたら、
普段と違い警察官が大勢いて、確かに大相撲の初日だからかな~と思っていたら、
道に車の通行もなくなり、すると車が5台くらい連なってきて、
よくみると天皇陛下が手を振って天覧相撲のために国技館へいらしたのでした。

天皇陛下が車で移動する時には、赤信号で車が止まることがないように、
事前にすべて青信号になるように準備しているそうです。

準備というと、ジョギングする時もそうですが、
大リーガーのイチロー選手や、ブンデスリーガーの香川選手も試合前に念入りにストレッチをするようです。071.gif

今日の雪も、前日には予報で分かっていましたが、
実際朝を迎えると、雨交じりで雪がぬかるんでなかなか歩きづらくて、
予想していた以上に時間がかかってしまいました。068.gif068.gif068.gif

事前の準備は念には念を入れる必要がありますね。

T





066.gif068.gif068.gif069.gif069.gif069.gif
[PR]

by niwa_biz | 2016-01-18 09:56 | Comments(0)

相変わらずの安心感

先日テレビで美容師に「カットが難しいと思う芸能人は」というアンケートを取っていましたが、
一位はなんと和田アキ子さんでした。

いちばん簡単そうなのにという印象がありましたが、数名の美容師は何十年も前から全く変わら
ない印象を持たせているということがすごいとのことでした。

人間歳を重ねるごとに髪にハリやコシがなくなり全く一緒のカットをしたとしてもどうしても
老けて見えてしまったりするはずなのに印象が変わらないというのはカットの方法を微妙
に変えているはずとのことでした。

いまでも生き残っている老舗企業が「いつもの味」を提供するために時代に合わせて実は
微妙に変化させているように「相変わらずの安心感」の提供はどの業種にとっても目に
見える大きな変化よりも難しいことであり大切なことなのかもしれません。

私たちの仕事も「いかに安心感を提供できるか」ということにもっとこだわらなくてはいけない
のだと思いました。

MIZ
[PR]

by niwa_biz | 2016-01-12 20:19 | Comments(0)

申年

新年あけまして
おめでとうございます。

年末年始は家族や友人とゆっくり過ごすことができ、新たな1年を始められることを
大変嬉しく思います。

話が変わりますが今年は申年です。

申年というのは、大変縁起が良い年らしいです。

昔から、病が去る、病に勝るなどと言いましたが、

仕事に置いても勝ることができるように、
日々精進してがんばりたいと思います。

YA
[PR]

by niwa_biz | 2016-01-05 17:00 | Comments(0)