<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

目標

今年も残すところ今日を入れて10日となってしまいました。
本当に時が経つのは早いものです。

先日、社内で私自身が設定した下半期の目標を振り返る機会がありました。
そこで一つ一つ7月に立てた目標を達成できたか否かを考えてみました。その中で気づいたことがありました。

それは、当たり前のようなことですが「設定した目標を見直すことの大切さ」でした。
一年の初めには「今年の抱負」や誕生日などのときには「○歳のこの1年はなにを頑張る!」等々 
目標の設定をする場面はよくあるような気がします。しかし、それを達成できたか、改めて見直すことがあまりできていないことに気づいたのです。

私事ではありますが、学生生活最後の年度もあと残り3ヶ月ということもあり、改めて今までの目標を振り返り見つめなおした上で、また新しい目標を設定していきたいと思います。

年明けからは約6年ぶりにクラシックバレエを始めることを目標にしたいと思います☆

E.Y
[PR]

by niwa_biz | 2015-12-22 11:15 | Comments(0)

心の余裕

昨年子供が産まれ、2人の子供の育児と家事に毎日追われています。
育児で一番大変なのは、やりたいことが思うように進まない、できないということではないでしょうか。
寝たいときに眠れない、家事をしようとしても子供から目が離せずなかなか進まない、片付けた先からちらかされる、自分の時間が欲しくてもなかなか確保することができないなど、全てを完璧にしようと思うとイライラしてしまい、子供を不必要に叱ってしまうこともあります。最近も日曜日に自分の時間が欲しかったので、朝5時30分に起きて本を読もうと思ったのですが、5時40分に下の子が起きてしまい、結局何もできませんでした。

そこで最近はいい意味で「諦める」ということを覚えました。
何かやらなければいけないことがあっても、本当に必要最低限だけを済ませ、あとは子供と向き合って時間を過ごすようにしました。出来なかったことは子供が寝て静かになってからや時間に余裕ができたときにやるようにしたことにより、子供にも笑顔が増え、自分の心にも余裕ができて、逆に以前より少ない時間でも家事をこなせる量が増えてきました。

仕事でも、あれもやらなければ「いけない」、これもやらなければ「いけない」と思っているときに限って、思うように業務が進まないことがあります。
今最低限何をすべきか、を見極めて優先的に行うことにより、落ち着いて仕事ができるように心がけていきたいと思います。

ちなみに我が家では片付けの優先度を下げてしまったため、子供が起きている間は散らかり放題です。。。

TK
[PR]

by niwa_biz | 2015-12-14 09:21 | Comments(0)

マニュアル

よく巷では「マニュアル人間で使えない」や「マニュアル対応をされた」などと、マニュアルに則った行動に対し否定されることがあります。
そこで、あるホテルチェーンではホスピタリティを最重視し、マニュアルを撤廃したそうです。
すると、何が起こったか。一定の期間は素晴らしい対応としてお客様から評価されたそうです。
しかしながら、ホテルチェーンの規模が拡大し、人員も増えると、今度は苦情が増えたそうです。
「当たり前の事も出来ない・やらない従業員がいる」
「従業員に当たり外れがありすぎる」と。
当初はおそらく、小規模で社長の意思や目の届く範囲の人数であり、また、もともとあったマニュアルを基礎としているからよかったのでしょうが、人が増えると、意思が届かず、また、そもそもの基礎を学ぶマニュアルがないので、新しい人は「ホスピタリティはあるけど基礎ができない従業員」になってしまったのです。

そんな話を聞いて感じたのは、マニュアル・規則の重要性です。マニュアル・規則に従った行動は、冒頭のように「マニュアル人間」と馬鹿にされることもあるかもしれませんが、そもそもマニュアル・規則を理解している人間でないと、マニュアルを超える対応ができないのです。

今後、社会人として生きていく上で、当たり前の事ですが、マニュアル・規則を大事にし、そこにホスピタリティをプラスしていければと思いました。

平男
[PR]

by niwa_biz | 2015-12-07 11:18 | Comments(0)

その場の空気

月日も12月に変わり、今年もいよいよ残すところ1ヵ月となりました。

私自身、今年のやり残したことがないよういに、残り1ヵ月でしっかりやってきたいと考えています。

さて、話は変わりますが10月、11月と友達の結婚式があったのですがこの2回の結婚式で、突然スピーチを頼まれまして、まさにグダグダのスピーチを披露してしまうできごとがありました。
私自身のスピーチは、まさに大惨敗という結果でしたが、そのスピーチの際も披露宴に参加している方々は非常に盛り上がって話を聞いてくださったので、なんとか場の雰囲気を壊さずに次へと繋げることができました。

私自身このスピーチで感じたことは、場の空気の大切さでした。
結婚式でもその時々で、場の空気はにぎやかな場面から感動する場面に変わったりとその場面ごとにうまく変わっていくことで式自体がなりたっていくのだなというのを感じました。

こうした場の空気というのは、日常の中でも常に変化していくものだと思いますし、その場の空気を自分自身が良い方にも悪い方にも変えてしまう恐ろしさを改めてこの結婚式を通して感じる事ができました。
この体験を通して、私自身これからはその場の空間を共有する人の考えて、良い空気を作ることを心掛けていきたいと思います。


[PR]

by niwa_biz | 2015-12-02 13:54 | Comments(0)