<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ボランティア

おはようございます。
朝晩が更に冷えてきましたね。


さて、先日江東区のマラソン大会に参加したのですが、
上り坂が多くて次回はというと辞退したいような辛いコースでした071.gif071.gif

現在はランニングブームで各地でマラソン大会が開催されていますが、
ネットにも出ていたのですが、大きなマラソン大会を除いて資金的な運営はどこも厳しいというのが現状のようです。

私が感じたのがその大会運営の大きな役割を果たしていると感じたのが、
ボランティアの方々の存在です。
当日は高校生位の生徒さんたちが荷物預かり所のお手伝いをしていてくれたり、
給水所で水を渡したり、紙コップやスポンジの後片付けをしたりと、
主役は走っている人達なのかもしれないですが、
そのいった方々のおかげで大会は成り立っているということを感じました。
ありがたい。
071.gif


071.gif
[PR]

by niwa_biz | 2014-12-16 10:03 | Comments(0)

のこす人の気持ち

ある情報番組によると、最近特に保健所に連れてこられる小型犬が増えているようです。
以前からありましたが飼い主のモラルの低下がもたらすことかと思ってみていたのですが、
そうではなく飼い主であった高齢者の死亡、入院、施設入居など、飼い主に何かあった時に
引き継いでペットの世話をすることができない現実。
つまり、一人で生活している高齢者が増えているといった社会問題に原因があるようです。

以前のペットブームが去った後のような自分勝手な理由で手放すのとは違い、
飼い続けたいけれどできない、ペットの寿命よりも自分の寿命の方が短いということが
分かっている時の将来の心配。

会社を作って自分が飼えなくなったときに引き取ってくれた飼い主に飼育料を払い出していける
ように生前からお金を貯めていくようなペット信託といわれる仕組みを使う人もいるようです。
信託管理人がその引き取ってくれた里親を定期的に訪問しきちんとした飼育をしていない様
だったら送金を止めたり別の里親と交換したりする約束になっていれば自分が飼えなくなっても
安心ということです。

私たちの仕事でも相続の相談を受ける際にどのように財産を分ければ税金が少なくなる
といった観点から考えがちになってしまいますが、財産をどのように引き継いでいって欲しい
のかという遺す人の気持ちというものを最も大切にしなければならないのだと思います。

また相続の問題に限らずどんな仕事であっても、相手がどのようなことを最も重要視
しているのか、関心事はなんなのかということを常に考えて仕事をするということが
大切なのだと思いました。
Miz
[PR]

by niwa_biz | 2014-12-08 23:06 | Comments(0)