<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

GW(今更ながら)

この週末は暑かったですね~066.gif


さて今更ですがGWの思い出でもお話しさせて頂きます。
今年のGWは4/30(火)が出勤日でしたので、
挟んで前半と後半に分け、前半は長野県1周071.gif・後半は京都~石川~新潟071.gifと巡ってきました。

今回計画なしの旅でしたが訪れるところがそれぞれ思い出に残る場所でしたので、
そのうち2~3お話しさせた頂きたいと思います。


①長野県上諏訪市
ここは諏訪湖広がる温泉地で、むか~しむかしの就職活動で内定をもらった某電子機器メーカーの本社がありまして、当時東京の会社にするか諏訪に来るかで悩んだものでしたが、
実際は一度も来たことはなく一度訪れてみたい場所でした。
地方都市であり駅前に百貨店はあるのですが、人はまばらでお店も活気がなくて、
アベノミクス効果の微塵も感じられない、寂しい~街でした。
当時諏訪で暮らすことを選んでいたらと思うと…


②京都大原の寂光院
こちらは京都駅からバスで1時間の場所にある大原三千院とならぶ観光地です。
創立者はあの聖徳太子といわれています。
私は知らないで訪れたのですが、2000年に放火で鎌倉時代に作成された
本尊が消失されたそうです。
ここの住職さんのお話しを聞いていたら、
放火犯がいるのに、自分達に驕りや気の緩みがあったから放火になったのだと言って、
自分達を責めていたのがとても印象的でした。


③越後湯沢
最後に辿り着いたのがここで、
今年事務所職員でスキーに行ったのですが、そのときはハイシーズンで目的のひとつであった温泉に入れなかったのですが、ふらっと駅前を歩いていたら徒歩1分の場所に立ち寄り湯を発見!!!
いい湯でした。


最近は国内を見直している今日この頃です。


[PR]

by niwa_biz | 2013-05-27 10:31 | Comments(0)

質と量

全ての社会人は質の高い仕事をしなければと考えていると思います。
先日読んだ記事で妙に納得してしまうものがありました。

ある美術学校でのエピソードですが、
陶芸の授業の時に左半分の生徒には作品の量によって、
右半分の生徒には作品の質によって採点すると告げた。

採点の日が来て、興味深い事実が明らかになった。

優秀な作品は、
すべて、“量グループ”から生まれていた。

量グループの生徒は、
たくさんの作品をつくっていく過程でいくつも失敗し、
そこから学ぶことでいい作品を次々と生み出すことができた。

しかし、“質グループ”の生徒は、
完璧な作品について理屈をこねるだけで手を動かさなかったために、
成果として残ったのは、壮大な理論と作品になりそこねた粘土だけだった。

芸術・スポーツ・ビジネスそして人間関係であっても進歩する唯一の方法は、
「トライ・アンド・エラー」をくり返すこと。


また、経営の神様といわれるP.F.ドラッカーの言葉に次のようなものがあるようです。

「間違いや失敗をしたことのない者だけは信用してはならない。
そのような者は、無難なこと、安全なこと、つまらないことにしか手をつけない。
人は優れているほど多くの間違いをおかす。」


6月から私たちの事務所にも新人が入ります。
彼にはこれからたくさんの失敗を経験という財産にしてもらいたいと思います。

Miz
[PR]

by niwa_biz | 2013-05-22 20:20 | Comments(0)

ミスした時こそ


今年のGWはまとまった休みをいただきました。

平日の休みを使って趣味にも勤しんで楽しかった!


その趣味ですが、実は結構真剣にやっています。

仲間とチームを作って取り組んでいるのですが、

今回は私の些細なミスで大切な時間の大半を無駄にしてしまいました。


原因は準備段階でのケアレスミス。

しかも、実際の活動中に、ケアレスミスの影響に気が付くことができず。。。

ほんとに皆に申し訳なかったー


唯一の救いは、

活動終了後時にその失敗を発見することが出来たので

「今日一日が無駄な一日だった」事に気づけたこと^^;



もうちょっと意識が細やかであれば防ぐことも気づくことも出来たことなので悔やまれました。

でも、これも勉強と思って精進するしかないですよね。



仕事でもプライベートでも、

失敗から何を学ぶか・・・永遠のテーマです(笑)



[PR]

by niwa_biz | 2013-05-07 12:00