<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

つかず離れず

9月後半の3連休、大阪旅行に行ってきました。
そこで宿泊したホテルが、昨年日本に初進出した「セント レジス」

いまでは世界の一流ホテルで取り入れられるようになった「バトラーサービス」を創り、
サービスの基準を変えたといわれる有名なホテル・・・のようです。

なんでも御用をお伝えくださいとのことでしたが、
隣のコネクティングルームで寝ていたはずの義妹家族は空調を切ったら、においが出たと
深夜2時ごろバトラーに伝えたところ、すぐに最上階のスイートルームを用意してくれた
ということで、いつの間にかいい思いをしていたようでした。

自分はというと、コンビニで買いこんだアルコールにより、朝食ぎりぎりまで寝ていたので
バトラーサービスを全然利用できませんでした。


ホテルのホームページの記述によると、寄り添いながらもけして邪魔になることのない
サポートをすることで、一人一人の趣味嗜好に応えるサービスを実現することをめざす、
いわゆるつかず離れずのサポートでお客様をおもてなしするということでした。

なるほど・・・
お客様のとても大事な情報を扱う業種ということもあり、お客様との距離感に関しては
自分自身も所長との会話のなかでもお互いによく出てきますが、とても重要視しているところです。

お客さまが心地よいと感じてもらえる距離感をいつも考えながら仕事をしていきたいと思います。


バトラーとは、執事と訳されることが多いようですが、日本における仲居さんという感じでしょうか。
海外では特別なサービスが、実は日本では古くから当たり前のようにあるんですよね。

Miz
[PR]

by niwa_biz | 2011-09-26 23:00 | Comments(0)

変わる流通を実感


今朝の日経新聞に出てい記事

「生命保険、小売店舗販売が拡大」が印象的でした。


大型のショッピングセンターや駅前の好立地に来店型の保険ショップができてるようになり

認知度が上がっていました。


驚いたのはその販売規模の大きさ。

新契約高は9540億円は、

簡単に言うとお客様の保険を約1兆円近く契約している代理店ということになります。

三井生命や朝日生命といった大きな保険会社よりも大きい数字を

流通を賄う保険代理店がもっているというのは今までの常識では考えにくいことでした。


いずれは、代理店が大きな力を持って保険会社に対して交渉を行い

より消費者向けの商品がでてきたり、すごく安くてオトクな商品がでたり・・・なんてこともあるかもしれません。


今後の動向に注目です。


FPS
[PR]

by niwa_biz | 2011-09-20 10:00 | Comments(0)

自分の置かれている環境

東日本大震災からちょうど半年が経った昨日9月11日、
テレビでは現状などを伝える報道が多くされていました。

私が7月中旬に仙台・松島・塩釜に行ったときのことをお話します。

仙台ではそのとき「六魂祭(ろっこんさい)」というお祭りが開催されていました。
東北六県の魂(青森、岩手、秋田、山形、宮城、福島それぞれのお祭り)を一カ所に集めて、
「復興に向けて歩き出したことを全国に伝えよう」、
「東北に観光客を呼び戻そう」
という趣旨で、今年初めて行われたお祭りでした。
主催者側の予想の何倍もの観光客が訪れたようで、道路には人があふれ、交通機関はマヒし、
ほとんどお祭りを見ることができませんでした。
お祭りが見れなかったことはそれは残念ではありますが、しかしこれだけの観光客が集まったことは今後の東北の復興に向けて明るい材料の1つになるのではないか、と感じました。

翌日には、松島に行きました。
日本三景の1つである島々の景色を見て、いくつかの観光地にも行きました。
その中の1つ「円通院」に行ったときのことです。
受付にいたおじさんに「ここは、どのような場所ですか?」と尋ねたところ、
「よし、案内してやろう」と、とても明るくおやじギャグ満載でガイドをしてくれました。
円通院は伊達正宗の孫である「伊達光宗」の霊廟で、この伊達光宗は伊達一族の中でも一番の
天才と言われていたが10代で亡くなってしまったとのことです。
それだけの若さで亡くなってしまったのにこれだけ立派な霊廟があることからも、
一族の中でもものすごく才能があって期待されていた人物であることがわかります。
おじさんには本当に親切にしていただき、パンフレット片手に見ただけではわからない魅力までガイドしていただいたので、最後にお礼も含めて話を聞いていたら、
「松島は、点在している小島が波を和らげてくれたから近隣と比べると被害は大きくなかった。
でも、ここから車で15分も行けば、何百人も亡くなった被害の大きい地域もある。ぜひ、そういう場所も見てほしい。」
と語ってくれました。
おじさんの身近な人も多く亡くなったそうですが、それでも前を向いて明るく頑張っている姿に感動しました。その節は、本当にありがとうございました。

松島からフェリーで行ったお寿司で有名な塩釜は、まだ信号が動いておらず人が手旗信号をやっていたり、船が陸にそのまま残っていたり、がれきの撤去がある程度進んでいるであろう7月中旬でこの状況だということに驚きました。
それでもお寿司屋さんは営業再開していて、あのとき食べたお寿司は私の今までの人生で一番美味しかったです!

「今の環境に満足してはいけない」という言葉はよく耳にします。
それはその通りであると思いますが、同時に今自分がいる環境がどんなに幸せなこと
なのかを実感し、忘れないようにすることも大事なことだと感じました。


by ティーチャー
[PR]

by niwa_biz | 2011-09-12 10:30 | Comments(0)

年金セミナーを開催しました。

本日、

丹羽会計グループセミナー

“知っておくべき年金知識”と“ねんきん定期便の見方”セミナー

を無事に開催することが出来ました。

ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。



今回は、当事務所のファイナンシャルプランナーである櫻澤が講師をつとめました。



セミナー内容は、

・年金制度のあらまし

・老齢年金について

・離婚時の年金について

・遺族年金について

・障害年金について

そして最後に、「ねんきん定期便のみかた」となりました。


「ねんきん定期便のみかた」のコーナーでは、参加者皆様に持参いただいた

自身の定期便の内容をもとに将来の年金額を試算して頂きました。



『将来の年金額はたったこれだけ・・・』と思った方も多かったようです。

公的年金と合わせて、自助努力による老後に向けた資産形成の必要性を強く感じました。


また、老齢年金以外の保険機能についても理解を深めていただいたようで、

参加者の皆様からもご満足の声を多くいただきました。



◯いつもの受付風景


b0132620_9384722.jpg




◯丹羽代表による開会挨拶


b0132620_9394058.jpg




◯講師の櫻澤です。


b0132620_9403158.jpg




◯今回も多くの方にご来場いただきました


b0132620_9411819.jpg








さて、次回のセミナーは10月後半に

「震災後に考える、事業経営・病院経営のBCP(事業継続計画)立案セミナー)」

を予定しています。


ご案内できる状況が整いましたら、HP・ならびにメールにて皆様に告知させていただきます。


今後とも、丹羽会計グループセミナーをよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by niwa_biz | 2011-09-08 17:30 | Comments(0)

38歳の運命・・・

こんにちは。

朝晩過ごしやすくなってまいりました056.gif

夜中窓を開けて寝るときには、風邪をひかないように気をつけてくださいませ053.gif


さて、今日は先日お客様の所で話題になった
「38歳の運命」について書かせていただきたいと思います072.gif

世界的な発明は38歳の時に行われている!
そして、親離れ・子離れも38歳!

不思議と38歳までは、親の影響を受け続けると言われているそうですが、
その年齢になった時に親離れをし、偉大な発明や決意をしたりするそうです066.gif

思い起こせば、私も38歳の時に丹羽会計へ入所しました058.gif

決意なのか運命なのか、38歳までに親から受けた影響の集大成が丹羽会計入所に
繋がったのかもしれません016.gif

正直38歳って何も根拠はないのかなと思ったりしています・・・。
ただ、なんとなく思い返してみると38歳位までは、よく親に相談事を持ち込んでいたなって。
まぁ。ものは考えようって事で060.gif

子持ちの職員もおりますが、お子さんが38歳になるまで、影響を与え続けられると
思うとこれからの人生、気合いが入りそうですね017.gif


by068.gif
[PR]

by niwa_biz | 2011-09-08 14:07 | Comments(0)