カテゴリ:未分類( 326 )

海外旅行

8月の終わりに1週間ほどお休みを頂き、南国へ海外旅行に行ってきました。

出発前から小学1年の娘ともうすぐ3歳になる息子もずっと楽しみにしていて、出発日が近づくにつれてテンションも最高潮になってきました。

いざ出発し、目的地に到着、初日は移動や買出しであっという間に終わってしまいました。

そして2日目。この日から3日間レンタカーを借り、いろいろアクティブに出かける計画をしていました。しかし、予定が進むにつれ、長女が徐々につまらなそうな顔をしてきました。

それを見て私たち夫婦も、「なんでそんなつまらそうな顔をしているの?旅行に来なければよかった?」などと責めてしまいました。そして、3日目。長女の顔が朝からすっかり曇ってしまい、いよいよ家族全員我慢の限界です。そこで、娘と2人きりになったタイミングで、そのわけをこっそり聞いてみました。その原因は、私たち夫婦にありました。

長女としては、家族みんなでプールでゆっくり遊びたかったのに、全然プールには行かず、レンタカーをせっかく借りるからと、予定を盛りだくさんに詰め込み、子供たちが喜ぶような予定は少なく、また時間に追われて、特に長女を「早く支度しなさい」など急かしていました。そこで、はっと気づき、長女に今までのことを謝り、翌日から残りの日程は、必ず1日1回はプールでゆっくり遊ぶ時間を作りました。長女も残りの日程は、完全に笑顔を取り戻し、今でも「旅行楽しかった。また行きたい。」と言ってくれています。

ふと旅行中、周りを見渡してみると、言い争いや喧嘩をしたり、せかせかと小走りで移動しているのは日本人が多いと気づきました。欧米人ではそのような家族はほぼ皆無に思います。個人的には、そこには2つの理由があると思います。1つめは言葉が通じず、非日常での緊張感と不安からくるもの。2つめは日本人と欧米人におけるリゾートの考え方の違いがあると思われます。日本人はせっかくきたからいろいろ見たい、やりたいと思うのに対し、欧米人は、せっかくきたからゆっくりしたいと思っているのではないでしょうか。

これはあくまで私の見解です。

来月、事務所のA君も新婚旅行に行くそうですので、喧嘩をしないよう、ゆっくり過ごしてもらえればと思います。

TK


[PR]

by niwa_biz | 2017-09-19 09:22 | Comments(0)

日々の掃除

昨年末に家を購入しました。

それから、約9ヶ月住んでいるのですが、所々汚れはありますが、まだきれいを維持している状態です。

というのも、やはり掃除をきちんとしているからです。モップかけ、キッチン掃除、風呂掃除は毎日行い、週末には家全体の掃除を毎週しています。

一方、賃貸だった頃は、掃除は汚れが目立ってきたらやろう…という程度でした。そして、汚れてきても、来週にしようかなぁ、と先延ばしにしたりして。いつの間にか、汚れがこびりつき…

仕事でも同じかもしれません。例えば、資料整理。毎月毎月きちんと整理すれば楽なものを先延ばしにして1年分ためてしまい大変になる。

会計の疑問点などもその場ですぐに解決すればいいものを先延ばしにして余計にわからなくなる。

やはり、汚れも片付けも問題点も、小さいうちにきれいにすることを心がけていこうと改めて思いました。

平男


[PR]

by niwa_biz | 2017-09-13 09:25 | Comments(0)

原点



お客様とお話をしていると、
「お客様の気持ちの移り変わりが早くサービスを合わせていくことが大変」
「希望されるサービスが細分化されていってニーズを捉えるのが大変」
という話をよくお聞きします。

こうした状況でも一定の成果を出していらっしゃる会社はサービスや製品の原点に立ち返って常に状況を判断し進んでいっていると感じています。言葉にすると簡単なのですが、、、そこの掛ける時間と情熱は相当なものと思いますし、なかなか真似ができるものでもありません。

悩んだ時や壁にあたった時は「どうしてそのことをやっているのか」を考える重要さを
日々の仕事を通じて学ばせて頂いています。






[PR]

by niwa_biz | 2017-08-28 12:00 | Comments(0)

LCC

こんにちは。

先日、はじめて海外航空会社のLCCに乗りました。LCC自体がはじめてだったのですが、
乗ってみた感想は、そんなに普通の航空会社と変わらないのでは!と思いました。
ただ、機内食が出ない、荷物が7キロまで、飛行機に乗るまでにバスに乗ったりして遠い、
テレビがない等がありましたが、特に変わらないかな・・・。

良かったのは、チェックインしたときに、機内食を頼むといくら、座席を変更するといくらと追加料金が表示され、
ここまでだったらプラスしよう、こういうサービスはいらない等自分で決められるのが良かったです。

私たち会計事務所でも、お客様に満足いくサービスを提供するために、
どこまでお客様が求めているのかを理解して、寄り添っていくことが大事だなと思いました。

By ストーン




[PR]

by niwa_biz | 2017-08-21 09:30 | Comments(0)

伝統

皆様こんにちは。まだまだ暑い日が続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

わたしは、お盆の時期ということもあり、週末は実家に帰りました。
ニュースなどを見ていると、今年も帰省ラッシュや渋滞の様子が流れていました。

やはり、お盆は日本の伝統のようなもの。どんなに混雑しても実家に帰るというのは、いいことだなぁと思いました。(渋滞等は辛いですが・・・。)
こういった「伝統」は大切にし、次の世代にもしっかりと伝えていかないといけないと改めて感じました。

会社においても、長く続いている「伝統」はあると思います。
時代が変わっているのに、その伝統のままということを重視し、何も変えずにというのは違うと思いますが、
その伝統を大切にしながら、時代に即したものに少しずつ変えていくことが重要だと思いました。
長く愛されている食品なども、伝統を守りつつ、毎年毎年微妙に味等を変えることによって、消費者を飽きさせないようにしているようですし・・・。

私たちの業界にも、IT化がどんどん進んできています。
今までの「伝統」を大切にしつつも、IT化に乗り遅れないよう、体制等を整えていきたいと思います。




[PR]

by niwa_biz | 2017-08-14 10:00 | Comments(0)

仕事の進め方

こんにちは。

最近、事務所に人も増え、いろいろな作業を個人の判断で進めるのが難しくなり
業務の標準化が求められてきました。
パートさんも増え、誰にどのように業務を依頼するのか、どう説明したら業務が効率的に
回るのかを考える時間が必要になってきました。

誰が何をどのように依頼するのか?
人によって得意不得意があるのをどう見極めるか?
苦手な仕事を長期的にでも出来るようにしてもらうにはどうしたらよいか?

簡単なことなんですけど、本当にむずかしいんですよね・・・。

自分の力不足を感じる限りです・・・

出来る人はなぜ出来ないのかわからない、出来ない人は出来る人の気持ちがわからないと
堂々巡りのようになって。。。

本来はやってはいけない、仕事が出来ない人の典型なんですけど、出来る人が出来ることをやるという方向に落ち着くことになりました。

長い目で、みんなが効率よく進められお客様の為になるような業務改善を目指して
働きやすい職場をみんなで作っていけたらと思います。

by 姫





[PR]

by niwa_biz | 2017-08-10 09:50 | Comments(0)

夏祭り

地元の「夏祭り」に参加しました。
「自治会」なるものに参加すると、数年に一度班長の役がまわってきて、手伝いをしなければいけません。
(といっても私ではなく、妻にお願いしているのですが。)

子供のころ、「子ども会」があって、行事にはよく参加しました。
進学で都内に引越し、数年前に地方に戻ったので、そういった地域の集いはとても新鮮な気分でした。

町中の自治会がそれぞれの地域で集まって、持っているお神輿や山車を引いて回って、自治会館でお昼を食べて帰る。
それだけですが、細々いろいろやることが決められていて(若しくは、前もって決めていて)、文句も言わずにそれを粛々と実行する。焼き物はこの家の人、揚げ物はこの家の人、あれこれ指示するのはこの家の人、という風に、世代を問わず、脈々と受け継がれています。

世相から子供が少なくなったため、「子ども会」は消滅してしまったのですが、今回のお祭りには子供たちも参加していました。幼稚園や小学校がいくつもあるのですが、普段はあまりお目にかからない子供たちがこんなにいるんだと思いました。2歳の息子も山車を引く行列の後をついて、なんだか楽しそうでした。

少なくとも年に1度このような機会を設けて、地域の人が集合して何かをする。
1人暮らしのお年寄りもこういう機会に顔を出してもらい、コミュニケーションをとることで、何かしらの連帯感が生まれるのかなと感じました。これが、災害などピンチが生じたときの連帯感につながるのだと思います。

都内にいたときは(もちろん都内にもそういう集いはあるのでしょうが。)微塵も感じなかった地域のコミュニケーションを改めて感じ、面倒と感じた(感じていた)この集いの存在を見直す機会となりました。

この週末は花火大会です。
夏ですね。

野澤


[PR]

by niwa_biz | 2017-07-31 10:47 | Comments(0)

悲しい出来事

3つの悲しい出来事がありました。166.png

179.png種から育てたもの育てている朝顔が3つある鉢のうちの2つの枯れたこと

180.png最近のマイブームで、順に行こう思っていたら近所の銭湯が廃業していたこと

182.png近所の氷屋さんで夏限定で20年間作っていた、
かき氷の販売が急遽この3連休でおわってしまったこと


いずれも悲しい思いとともに、後悔の気持ちがたちます。

後悔先に立たずといいますが、言い訳はそれぞれあって

もっとを多くあげればとか、もっと早く気づいて銭湯に行けばとか、
20分でも並んで食べればとか今更しておけばよかったと思います。


順調に行っている時には思わないが、
うまくいかない時などには後悔するもので、あとから悔やんでも取り返しがつかないものです。

仕事でもそうですが、優先順位などをつけたり、やりたいことから後回しにせずに何事もチャレンジしていきたいと思います。




[PR]

by niwa_biz | 2017-07-24 09:28 | Comments(0)

人と機械の共存

最近は毎日のようにIT技術の進化、特にAI(人工知能)に関する記事がにぎわっています。

自動運転の実用化も現実味を帯びてきていますし、プロ棋士がコンピューターに
また負けたなどということを聞くと、税務・会計業界も将来的には機械に業務を
奪われるなどと言われているだけに他人ごとではありません。

確かにここ1~2年間のクラウド型会計ソフトの成長は見過ごせない動きを
見せています。
これから先の数年で仕事の内容が変わらざるを得ない状況が刻々と近づいて
きている感じがします。

機械の活用による仕事の定型化で効率は良くなり人手不足を解消できる
かもしれません。
しかし、そうなるとどこの会計事務所でも差が無くなっていくのだと思います。

それは私たちの存在意義を否定されることに他なりません。
ただ単に機械に仕事を奪われるのではなく機械が得意とすることは徹底的に機械に
処理させて、人間にしかできないことを突き詰めていくことに差別化のヒントが
あるように思います。

機械的に効率だけ考えれば無駄だと思えることも後になって効いてくるということが
誰しも経験があるのではないかと思います。

結局のところ仕事というのは、人と人が行っている行為だということが機械化が進む
今だからこそあらためて重く感じられるように思います。
Miz


[PR]

by niwa_biz | 2017-07-17 04:19 | Comments(0)

円滑な人間関係

他人から頼みごとをされた時、あなたはどう応えますか?

頼みごとが簡単なもので、すぐに対応できるようなものなら構いません。しかし、出来ないときもあると思います。その時に、即答で「出来ない」と答えるのはどうなのでしょう?

頼んだ方も、あまり良い気はしないのではないでしょうか?

もちろん、実際に出来ないのに返事を先延ばしにした方が良いと言っているのではありません。ただ、例え、「無理だ」と思っても、即答するのではなく、一旦考える姿勢を見せるだけでも相手の印象は変わります。

また、返答の仕方も「出来ない。無理だ。」と強く否定するのではなく、「難しいかもしれない」などの柔らかい表現を使ったほうが印象が良いでしょう。

こうした対応が人間関係を円滑にしてくれるでしょう。


[PR]

by niwa_biz | 2017-07-10 09:00 | Comments(0)