海外旅行

8月の終わりに1週間ほどお休みを頂き、南国へ海外旅行に行ってきました。

出発前から小学1年の娘ともうすぐ3歳になる息子もずっと楽しみにしていて、出発日が近づくにつれてテンションも最高潮になってきました。

いざ出発し、目的地に到着、初日は移動や買出しであっという間に終わってしまいました。

そして2日目。この日から3日間レンタカーを借り、いろいろアクティブに出かける計画をしていました。しかし、予定が進むにつれ、長女が徐々につまらなそうな顔をしてきました。

それを見て私たち夫婦も、「なんでそんなつまらそうな顔をしているの?旅行に来なければよかった?」などと責めてしまいました。そして、3日目。長女の顔が朝からすっかり曇ってしまい、いよいよ家族全員我慢の限界です。そこで、娘と2人きりになったタイミングで、そのわけをこっそり聞いてみました。その原因は、私たち夫婦にありました。

長女としては、家族みんなでプールでゆっくり遊びたかったのに、全然プールには行かず、レンタカーをせっかく借りるからと、予定を盛りだくさんに詰め込み、子供たちが喜ぶような予定は少なく、また時間に追われて、特に長女を「早く支度しなさい」など急かしていました。そこで、はっと気づき、長女に今までのことを謝り、翌日から残りの日程は、必ず1日1回はプールでゆっくり遊ぶ時間を作りました。長女も残りの日程は、完全に笑顔を取り戻し、今でも「旅行楽しかった。また行きたい。」と言ってくれています。

ふと旅行中、周りを見渡してみると、言い争いや喧嘩をしたり、せかせかと小走りで移動しているのは日本人が多いと気づきました。欧米人ではそのような家族はほぼ皆無に思います。個人的には、そこには2つの理由があると思います。1つめは言葉が通じず、非日常での緊張感と不安からくるもの。2つめは日本人と欧米人におけるリゾートの考え方の違いがあると思われます。日本人はせっかくきたからいろいろ見たい、やりたいと思うのに対し、欧米人は、せっかくきたからゆっくりしたいと思っているのではないでしょうか。

これはあくまで私の見解です。

来月、事務所のA君も新婚旅行に行くそうですので、喧嘩をしないよう、ゆっくり過ごしてもらえればと思います。

TK


[PR]

by niwa_biz | 2017-09-19 09:22 | Comments(0)

<< 後悔先に立たず 日々の掃除 >>